昨年、岡崎市にて竣工しました「光洞の家」が、「第29回 すまいる愛知住宅賞」を受賞しました。



愛知ゆとりある住まい推進協議会 サイトにて詳細が記載されています。 ↓

https://www.yutori.gr.jp/event/smileaichi/h29/

平成29年10月13日(金)の中日新聞に掲載される予定ですので、是非ご高覧ください

土地探しをしていたのが9年前

自問自答を重ね

試行錯誤を重ね

漸く一つの回答を出す時がきました

「造園」「建築」「家具」「衣食」「人」を同列に扱うこと

それらが溶け合い、そこに流れる「時間」を豊かにしたい

「荒々しさ」と「緻密さ」の振れ幅の中に存在する「豊かな空間」が造れるか、勝負です







材料視察の為、岡崎市滝町にある「中根石材」さんの採石場に伺って参りました



近くに住みながら、初めて見る宇寿石の採石場




スケール感覚を失う圧倒的な大きさ



地中深く、ジェットバーナーで切り込んだ断面



その様子を足元から覗く




規格サイズに製材された石材ではなく、力強いこの御影石に負けない建築を作りたいと思う