昨年、大地の家を「第1回 日本建築士会連合会 建築作品賞」に応募し、一次審査は通過していたのですが、コロナの為に二次の現地審査が今年に伸びていました。


https://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/new_awards/index.html


漸く1年越しに現地審査を終え、審査結果が「建築士会報 11月号」に掲載されましたのでお知らせ致します。






今回30年以上続いてきた「日本建築士会連合会賞」が刷新されて「日本建築士会連合会 建築作品賞」となり、設計カテゴリー毎に評価されるようになりました。

その4つのカテゴリー中、「住居・生活空間系の建物」で「優秀賞」を受賞しました。

そして各カテゴリーの優勝賞の中から「大賞」が1点選ばれるのですが、なんと「大賞」にも選定していただけました。


<入賞作品一覧>

https://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/new_awards/newawards_1st.html


<審査総評>

https://www.kenchikushikai.or.jp/data/rengokai-sho/new_awards_1st/awards_1st.pdf


こうした審査において住居系は、一般建築と同じ土俵で比べると見劣りがちですが、高く評価していただき大変嬉しく思っています。現地審査では可児才介先生、菅順二先生にお越しいただき、お褒めのお言葉をいただきました。また菅順二先生には選評を寄稿いただきまして、ありがとうございました。


<大地の家 選評>

https://www.kenchikushikai.or.jp/data/rengokai-sho/new_awards_1st/awards_03.pdf


きっと横内敏人先生にも、ご支援いただき、大変お世話になったことでしょう。

ありがとうございます!


関わっていただいた職人さんはじめ、関係者の皆様と喜びを共有したいと思います。

本当にありがとうございました!



<追記> 日刊建設工業新聞社さんにご掲載いただきました。ありがとうございました。

https://www.decn.co.jp/?p=123953


「朝夷奈切通」は鎌倉七口のひとつで、鎌倉市十二所から横浜市金沢区朝比奈町を結ぶ峠道



国の史跡に指定されています







大地を切り通した凹みに植生が宿る圧倒的な空間でした



動画撮影/編集  井野孔輔  https://www.kosukeino.com/

武蔵野美術大学 建築学科にて「建築概論」をオンラインで特別講義しました。



大学での講義は初めてでお話をいただいた時は躊躇いましたが、自身の大学から始まった建築人生を俯瞰的に振り返るきっかけとなり、とても良い機会になりました。


学生の皆さんとってはこれから始まる建築人生ですが、経験や年齢によって思考が変遷していくことを前向きに捉えられるよう「守破離」を軸にお話しました。数十年後に、ふと思い出していただけるようでしたら嬉しく思います。


お声掛けいただきました布施茂先生、ありがとうございました。